(飲食店独立開業成功術は飲食店、風俗営業許可専門行政書士運営、電話050-3045-7910)
風俗営業許可申請相談所
風俗営業許可申請相談所 風俗営業許可申請相談所
HOME事務所案内Profileご依頼方法報酬お問合せ携帯サイト

←前のページへ

風俗営業許可申請相談所

■独立開業の支援・成功の道

社長のあなたは、人を使う人? 人から使われる人?  風俗店はサービス業、オーナーといってもスタッフを働かせる力量が経営者力がキーポイントです。あなたは風俗営業と性風俗のどちらを開業するのか、開業費用、広告宣伝費用、スタッフ募集、こうした開業の経費をまかなう融資制度を利用して借り入れ開業がおおいのです。

【独立支援の融資制度を活用しましょう】
これから開業するにあたり、先ず会社を設立するか、個人事業主として開業するのかの相談をよく受けます。
接待飲食店を経営は、できたら会社を設立した後の許可申請をおすすめします。接待飲食店の許可申請は、途中で個人から会社に名義を変更できないので、
いったん個人可を廃業し、あらたに会社名義で、許可を申請をとることになります。

会社設立の方が信用力という点から有利です。

個人事業者は、借金する場合、保証人を求められます。親兄弟に頼み込むことも不本意でしょうから会社を設立しておくほうがいいです。
会社の借り入れは、出資額限度の責任となり、代表者が連帯保証人になる、また事業承継もしやすくなります。

資金融資対策について。

政府金融機関です。
創業時に融資をしてくれやすい公庫は日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)です。
日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)には新創業融資制度が利用できます。
新創業融資制度では最大1,000万円まで無担保、保証人なしで借りられます。
また飲食店の場合、対象業種が限定されている他の制度も利用できます。

1、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)の融資の融資を受けるるために。
日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)の融資手続きの流れ
相談 お近くの日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)の相談窓口で相談をします。

2、申込から融資の実行まで通常1か月以上かかります。
初回相談では、開業までの経緯、お店のコンセプト、開業後の見通し、自己資金の有無を聞かれます。
このとき創業計画書、借り入れ申込書を渡されます。

創業計画書は、詳しく書き込んでください。 また行政書士が会計記帳を承り、開業前から開業後の社長の煩わしさをサポートいたします。

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ