(飲食店独立開業成功術は飲食店、風俗営業許可専門行政書士運営、電話050-3045-7910)
風俗営業許可申請相談所
風俗営業許可申請相談所 風俗営業許可申請相談所
HOME事務所案内Profileご依頼方法報酬お問合せ携帯サイト

←前のページへ

風俗営業とは?

風俗営業許可を受けるための要件

風俗営業許可申請手続きの流れ

許可申請に必要な添付書類

風俗営業許可申請の手数料

風俗営業許可申請のQ&A

風俗営業許可申請相談所

■風俗営業許可を受けるための要件

風俗営業許可を取得するためには、以下の@〜Bの要件を全て満たしていなければなりません。

@ 人的要件

A 営業所の構造及び設備的要件

B 営業所の場所的要件

以下、上記@〜Bについての詳細をご説明いたします。

@ 人的要件

風俗営業の許可を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当するときは許可をしてはならないとしています。


風俗営業許可を受けられない人(欠格事由)

成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの

1年以上の懲役、禁錮に処せられ、又は無許可風俗営業、刑法の猥せつの罪、売春防止法、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律、職業安定法、出入国管理及び難民認定法、労働者派遣法、労働基準法、児童福祉法違反で1年未満の懲役、罰金を処せられて5年を経過しない者又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者

集団的に、又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある者

アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者

風俗営業の許可を取り消されて5年を経過しない者

営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者

法人の役員、法定代理人が上記@からDまでに掲げる事項に該当するとき

 

A 営業所の構造及び設備的要件

風俗営業許可の2つめの要件は、営業所の構造及び設備的要件で、1号〜8号それぞれの営業形態によって要件が異なります。それぞれの営業形態ごとに定められた要件を全て満たすことが必要となります。

営業形態

定義/構造及び設備の技術上の基準

 1号営業
キャバレー等

キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業

客室の床面積は、1室の床面積を66u以上とし、ダンスをさせるための部分は客室の床面積の5分の1以上とすること

客室の内部が営業所の外部から容易に見通せないこと

客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと

善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと

客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし営業所外に直接通ずる出入口はこの限りではない

営業所内の照度が5ルクス以下とならないよう必要な構造又は設備を有すること

騒音又は振動の数値が条例で定める数値以下であること

 2号営業スナスナック,キャバクラ, 料理店,カフェー等

待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業(1号営業を除く)

客室の床面積は、和室の場合は1室につき床面積を9.5u以上とし、社交飲食店等その他の場合は1室につき床面積を16.5u以上とすること。ただし、客室が1室のみの場合はこの限りでない

客室の内部が営業所の外部から容易に見通せないこと

客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと

善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと

客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし、営業所外に直接通ずる客室の出入口については、この限りではない

営業所内の照度が 5ルクス以下とならないよう必要な構造又は設備を有すること

騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないよう必要な構造又は設備を有すること

ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと

 3号営業
ナイトクラブ,ディスコ

ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業(1号営業を除く)

客室の床面積は、1室の床面積を66u以上とし、ダンスをさせるための部分は客室の床面積の5分の1以上とすること

客室の内部が営業所の外部から容易に見通せないこと

客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと

善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと

客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし営業所外に直接通ずる出入口はこの限りではない

営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持される
ため必要な構造又は設備を有すること

騒音又は振動の数値が条例で定める数値以下であること

 4号営業
ダンスホール等

ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業(1号,3号営業を除く,ダンス教室等を除く)

客室の床面積は、1室の床面積を5u以上とすること

客室の内部が営業所の外部から容易に見通せないこと

客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと

善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと

客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし営業所外に直接通ずる出入口はこの限りではない

営業所内の照度が10ルクス以下とならないよう必要な構造又は設備を有すること

騒音又は振動の数値が条例で定める数値以下であること

 5号営業
低照度飲食店

喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った客席における照度を10ルクス以下として営むもの(1〜3号営業を除く)

客室の床面積は、1室の床面積を5u以上とすること

客室の内部が営業所の外部から容易に見通せないこと

客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと

善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと

客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし営業所外に直接通ずる出入口はこの限りではない

営業所内の照度が5ルクス以下とならないよう必要な構造又は設備を有すること

騒音又は振動の数値が条例で定める数値以下であること

ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと

 6号営業
区画席飲食店

喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5u以下である客席を設けて営むもの

客室の内部が営業所の外部から容易に見通せないこと

善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと

客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと

営業所内の照度が 10ルクス以下とならないよう必要な構造又は設備を有すること

騒音又は振動の数値が条例で定める数値以下であること

ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと

長いすその他の設備で専ら異性を同伴する客の休憩の用に供するものを設けないこと

 7号営業
パチンコ店,マージャン(麻雀)店等

まあじゃん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業

客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと

善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと

客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし営業所外に直接通ずる出入口はこの限りではない

営業所内の照度が 10ルクス以下とならないよう必要な構造又は設備を有すること

騒音又は振動の数値が条例で定める数値以下であること

ぱちんこ屋等の営業は、当該営業の用に供する遊技機以外の設備を設けないこと

ぱちんこ屋等の営業は、営業所内の客の見やすい場所に賞品を提供する設備を設けること

 8号営業
ゲームセンター等

スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるものを備える店舗その他これに類する区画された施設において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業

客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと

善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと

客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし営業所外に直接通ずる出入口はこの限りではない

営業所内の照度が 10ルクス以下とならないよう必要な構造又は設備を有すること

騒音又は振動の数値が条例で定める数値以下であること

遊技料金として紙幣を挿入することができる装置を有する遊技設備又は客に現金若しくは有価証券を提供するための装置を有する遊技設備を設けないこと ?

 

 

B 営業所の場所的要件

風俗営業許可の3つめの要件は、場所的要件です。
風俗営業は、都道府県の条例によって営業できる用途地域が制限されている他、保護対象施設(学校、図書館、児童福祉施設、病院、診療所などのことをいいます)から一定の距離区域内では、営業できない旨が規定されています。

風俗営業許可を取得するためには
A.用途地域等による制限
B.保護対象施設からの制限

の両方の要件を満たす必要があります。この2つの要件をクリアーしなければ、風俗営業の許可が取れないのです。
ここでは、東京都の場合を例にして、上記2つの制限に関してご説明致します。
なお、埼玉県や神奈川県や千葉県など、エリアによって微妙に要件が変わってきます。それは、風俗営業許可を認めない地域を、各都道府県の条例によって別々に決めているからです。
東京都以外の要件に関しても、お気軽にお問い合わせください

A.用途地域等による制限
まず用途地域とは、居住環境の保護又は商工業の利便を図ることを目的に,都市計画法で定められる地域で,12種類の地域があり,地区に応じて用途地域が指定されています。
このうち住居の環境を守るためのものは,第1種低層住居専用地域から準住居地域まで7種類の用途地域が定められています。この住環境を守る地域において、風俗営業を営むことは原則認められておりません。例えば、住宅が密集している真ん中に遅くまで営業している娯楽施設などがあったりしたら、落ち着いた生活ができませんよね。
そこで、以下のように風俗営業ができない地域とできる地域とが、条例によって定められています。

【風俗営業ができない用途地域(=住居集合地域)】
×第1種低層住居専用地域
×第2種低層住居専用地域
×第1種中高層住居専用地域
×第2種中高層住居専用地域
×第1種住居地域
×第2種住居地域
×準住居地域
ただし、7号営業(パチンコ店・麻雀店など)及び8号営業(ゲームセンターなど)については、第2種住居地域及び準住居地域であっても、商業地域及び近隣商業地域に隣接して20メートル以内であれば、風俗営業が認められています。

【風俗営業ができる用途地域】
○商業地域
○近隣商業地域
○準工業地域
○工業地域
○工業専用地域

B.保護対象施設からの制限
風俗営業が認められる用途地域であっても、学校や病院などの保護対象施設が隣接している場合には、一定の離れた距離を置かないと風俗営業ができません。
保護対象施設からみた営業制限地域は下記のような距離で定められております。
例えば、開業しようとしているお店の場所が商業地域であっても、大学の場所がお店からの距離20m以内にあった場合、風俗営業の許可が取れないことになります。
X印は風俗営業ができないエリア


地域別

保護対象施設別

10m

20m

50m

100m

商業地域

第2種助産施設及び診療所(患者を入院させる施設が7人以下のもの)

×

 

 

 

大学、病院(第一種助産施設を含む)及び診療所(8人以上の患者を入院させる施設を有するもの)

×

×

 

 

学校(大学を除く)、図書館及び児童福祉施設(助産施設を除く)

×

×

×

 

近隣商業地域

第2種助産施設及び診療所(患者を入院させる施設が7人以下のもの)

×

×

 

 

大学、病院(第一種助産施設を含む)及び診療所(8人以上の患者を入院させる施設を有するもの)

×

×

×

 

学校(大学を除く)、図書館及び児童福祉施設(助産施設を除く)

×

×

×

×

その他の地域

学校、児童福祉施設、図書館、病院、
診療所(患者を入院させる設備を有するもの)

×

×

×

×

※1.助産施設には、第1種助産施設と第2種助産施設があり、第1種助産施設とは、医療法の病院にあたる助産施設をいい、第2種助産施設とは、医療法の助産所にあたる助産施設をいいます。
※2.保育所には、認可保育所、無認可保育所、認証保育所があり、上記制限の対象になるのは認可保育所のみです。
※3.診療所のうち対象になるのは、入院施設を有しているものに限り、入院施設がない診療所は制限の対象になりません。

参考 近隣商業地域及び商業地域のうち、上記の保護対象施設からの距離制限に該当する区域(風俗営業ができないエリア)であっても、風俗営業に係る営業所が密集した区域で、特に風俗営業をしても支障がない区域に関しては、風俗営業が認められている一部の区域が(下記1〜4)があります。
1.中央区のうち、銀座四丁目から同八丁目までの区域
2.港区のうち、新橋二丁目から同四丁目までの区域
3.新宿区のうち、歌舞伎町一丁目、同二丁目(9番、10番及び19番から46番まで)及び
新宿三丁目の区域
4.渋谷区のうち、道玄坂一丁目(1番から18番まで)、同二丁目(1番から10番まで)及び
桜丘町(15番及び16番)の区域

▲このページのトップへ