(飲食店独立開業成功術は飲食店、風俗営業許可専門行政書士運営、電話050-3045-7910)
風俗営業許可申請相談所
風俗営業許可申請相談所 風俗営業許可申請相談所
HOME事務所案内Profileご依頼方法報酬お問合せ携帯サイト

←前のページへ

風俗営業とは?

風俗営業許可を受けるための要件

風俗営業許可申請手続きの流れ

許可申請に必要な添付書類

風俗営業許可申請の手数料

風俗営業許可申請のQ&A

風俗営業許可申請相談所

■風俗営業とは?

 

 一般の皆様は風俗営業という言葉を耳にすると、ソープランドやファッションヘルスなどの性的サービスを提供する営業のことだと思われがちですが、これらは性風俗関連特殊営業といい、単なる風俗営業とは区別されています。

 風俗営業は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(以下、風適法)において、大きく分けると下記の3種類に分類されています。各都道府県の公安委員会(警察)に「風俗営業」は許可の申請を、「性風俗関連特殊営業」・「深夜における酒類提供飲食店営業」は営業開始の届出をします。

 

@ 風俗営業【許可制】

 法律上許可が必要な風俗営業には、次のような営業が該当します。 キャバレー、バー、スナック、キャバクラ、料亭、ダンスホール、パチンコ店、麻雀店、ゲームセンターなどです。

 

A 性風俗関連特殊営業【届出制】

 性的なサービスを提供する営業は、こちらに分類されます。 ソープランド、ファッションヘルス、ストリップ劇場、個室ビデオ、デリヘル、テレクラ、ラブホテル、レンタルルーム、アダルトショップなどです。

 

B 深夜における酒類提供飲食店営業【届出制】

 バーや居酒屋など、深夜(午前零時から日の出時までの時間帯をいいます。)において客に酒類を提供する飲食店営業を営む場合には、届出が必要となります。なお、営業形態として、レストラン、すし屋、中華料理屋など、通常主食と認められる食事を提供して営むものについては、届出の必要はありません。

 

風俗営業の種類(公安委員会への許可又は届出が必要になります)

@風俗営業 【許可制】

接待飲食等営業

1号営業

キャバレー等

2号営業

スナック、社交飲食店、カフェ等

3号営業

ナイトクラブ,ディスコ等

4号営業

ダンスホール等

5号営業

低照度飲食店

6号営業

区画席飲食店

遊技場営業

7号営業

パチンコ店,マージャン店等

8号営業

ゲームセンター等

A性風俗関連特殊営業【届出制】

店舗型性風俗特殊営業

1号営業

ソープランド

2号営業

ファッションヘルス等

3号営業

ストリップ劇場等

4号営業

ラブホテル、モーテル等

5号営業

アダルトショップ等

無店舗型性風俗特殊営業

1号営業

派遣型ファッションヘルス等

2号営業

アダルトビデオ等通信販売業

映像送信型性風俗特殊営業

インターネット等利用のアダルト画像送信営業

店舗型電話異性紹介営業

テレクラ等

無店舗型電話異性紹介営業

ツーショットダイヤル,伝言ダイヤル等

B深夜における酒類提供飲食店営業【届出制】

バー,居酒屋等

 

 上記の営業許可や届出の申請には、要件をそろえたり、書類を作成したりと煩雑な手続きがたくさんあります。当事務所では、風俗営業許可、性風俗関連特殊営業、深夜における酒類提供飲食店営業に関する手続きをサポートしています。

 また風俗営業店で「飲食」が伴う場合や深夜における酒類提供飲食店を開業しようとする場合は、風適法上の公安委員会の許可等とは別に食品衛生法上の知事の許可【飲食店営業許可】が必要になります。これから新しく風俗営業を始めようとお考えの方は、是非ご参考にしてください。

▲このページのトップへ