(飲食店独立開業成功術は飲食店、風俗営業許可専門行政書士運営、電話050-3045-7910)
風俗営業許可申請相談所
風俗営業許可申請相談所 風俗営業許可申請相談所
HOME事務所案内Profileご依頼方法報酬お問合せ携帯サイト

←前のページへ

■風俗営業許可申請 Q&A

■風俗営業 Q&A

■接待飲食等営業 Q&A

■遊技場営業 Q&A

■店舗型 Q&A

■無店舗型 Q&A

■映像送信型 Q&A

■深夜酒類提供飲食店 Q&A

風俗営業許可申請相談所

■Q&A


風俗営業許可申請 Q&A

■風俗営業 Q&A
Q>>個人と法人営業とでは営業者の交代について
A>>個人営業でしたら相続以外は再度とり直すことになります。
    法人営業でしたら代表者の変更届を出してください。
■接待飲食等営業 Q&A
Q>>許可が下りない人
A>>成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得てない者、1年以上の懲役を受け5年を経過しない者など法定されています。

■遊技場営業 Q&A
Q>>マージャン店を開業にあたり場所の選定の問題
A>>用途地域、保護対象施設の調査を事前に調査してうえで賃貸借契約をしてください。
■店舗型 Q&A
Q>>既得権営業とはどういうことでしょうか
A>>禁止区域内でも既に営業していた、ソープランド、ピンクサロン等は営業者が亡くならない限り営業できます。

■無店舗型 Q&A
Q>>デリヘリをやりたいのですが、待機所と賃貸借契約について
  A>>賃貸借契約書の使用承諾署、待機所として使用すると記載されていなければなりせん。

■映像送信型 Q&A
Q>>インターネットアダルト画像送信内容の変更について
A>>変更の10日前に所在地を管轄する警察署生活安全課に提出してください。

■深夜酒類提供飲食店 Q&A
Q>>深夜バーでホステスがつくことについて
A>>午前0時以降はホステスが接待することはできません。

 

多くの相談が寄せられています。

▲このページのトップへ