HOMEへ
メニューへ
キャバクラ開業について。東京都行政書士会所属 |行政書士村上事務所
キャバクラ、パブ、バー、スナック、料亭といっても接待と飲食(または遊興)がセット営業では、風俗営業の許可が必要になります。

「風俗営業」は性風俗はもとより、パチンコ店、ゲームセンター、ダンスホールなども風俗営業として法律上は扱われます。


隣に座ってお酌をする接待飲食業をするときは風俗営業許可が必要になります。

[1]ご案内
[2]開業
[3]飲食店開業
[4]キャバクラ開業
[5]デリヘル
[6]エステ開業
[7]麻雀店開業
[8]Q&A
[9]費用
[0]特商特定商取引法

このページのトップへ