(飲食店独立開業成功術は飲食店、風俗営業許可専門行政書士運営、電話050-3045-7910)
風俗営業許可申請相談所
風俗営業許可申請相談所 風俗営業許可申請相談所
HOME事務所案内Profileご依頼方法報酬お問合せ携帯サイト

←前のページへ

風俗営業許可申請相談所

■デリヘル開業

店舗なしで、電話一本で女性を客の自宅、ホテルに女性を派遣する、24時間営業OKなので効率のいいビジネス開業者も多くなっています。

デリヘルは比較的簡単な警察への届出で開業できるので、性風俗でも開業者が多い。警察に出す届 @無店舗型性風俗特殊営業開始届書 A経営者の誓約書 B経営者の身分証明書 C経営者の住民票 D業務用車の車検書 E賃貸借契約書 F使用承諾書 G従業員名簿のコピー H営業所平面図、周囲の略図 H営業内容報告書  合法的運営のため関連法律を知っておきましょう @売春防止法 A刑法 B軽犯罪法 C児童福祉法 D地方自治体の条例も違反しない許可を受けようとする者が次の各号のいずれにも該当しないこと。(法人の場合は、役員全員が該当しな

いこと。)

1.成年被後見人もしくは被保佐人。

2.破産者で復権を得ないもの。

3.1年以上の懲役もしくは禁錮の刑に処せられ、その執行が終わった日(または執行を受けることが

なくなった日)から起算して5年を経過しない者。

4.無許可風俗営業、不正受許可、名義貸し、公安委員会の処分に対する違反、公然わいせつ、わいせ

つ物頒布、淫行勧誘、賭博、常習賭博、売春防止法違反、職業安定法違反、労働基準法違反、児童

福祉法違反等で、1年未満の懲役もしくは罰金の刑に処せられ、その執行が終わった日(または執

行を受けることがなくなった日)から起算して5年を経過しない者。

5.集団的にまたは常習的に暴力行為等を行うおそれのある者。

6.精神病者またはアルコール、麻薬、大麻、あへん、覚せい剤の中毒者。

7.営業の許可を取り消され、取消の公示日から起算して5年を経過しない者

8.処分逃れのために許可証を返納した者で、返納の日から起算して5年を経過しない者(法人役員を

含む)。

9.未成年者(相続を除く)。

ように目を通しておきましょう。

開業添付書類を参考

届出提出先
無店舗型性風俗特殊営業を始めたい方は、無店舗型性風俗特殊営業の種別に応じて
営業する事務所の所在地を管轄する公安委員会に届出書を提出してください。
・営業開の提出先・・営業所を管轄する警察署(生活安全課など)
 
添付書類

(QA,アドバイス)
Q>>営業所事務所に関した書類
  A>> 事務所に係る賃貸借契約書(賃貸人の使用承諾書)及び建物に係る登記事項証明書等
  事務所の平面図 、 受付所、待機所の賃貸借契約書(使用承諾書)及び登記事項証明書等
    受付所の平面図及び周辺の略図、待機所の平面図

Q>>法人の提出書類は、定款、法人に係る登記事項証明書及び役員に係る住民票(本籍記載のもの。日本国籍を有しない者は、外国人登録証明書)の写し

Q>個人の場合の提出書類など、
A>>住民票本籍記載の住民票。外国人は外国人登録証明書)の写し

▲このページのトップへ